様々な病気の治療に使われる薬…低用量ピル「トリキュラー」

実は…調べてみると低用量ピルが使われる病気って沢山あることを知っていましたか?正しく使えば避妊の確率もかなり高いのですが、生理痛や子宮内膜症などの治療にも効果が高いと言われています。避妊も出来て治療も出来る低用量ピルって本当にどんな医薬品なのか?

*

低用量ピル「トリキュラー」って病院に行かないと手に入れられない?

      2017/08/07

低用量ピルのトリキュラーは病院に行かないと手に入らないと思っているかもしれませんが、ネットで簡単に購入をすることが出います。

基本的に病院に行かないと手に入れられないというのは間違ってはおらず、日本国内で購入をするためには必ず処方箋が必要となるので病院に行かないとなりません。病院で診察を受けて処方をしてもらって初めて低用量ピルを薬局で購入することが出来るようになるので、日本国内で普通の方法で手に入れるためには病院に行かなければならないというのは正しいと言えます。

個人的に取り寄せることが出来る

しかし、これは日本国内での話であり海外から低用量ピルを取り寄せるというのであれば、処方箋をなしに購入をすることが出来ますから、医療機関に行かなければならないということはありません。

個人で使用をするに限り海外から個人輸入をするのには制限が課せられていないので、トリキュラーを手に入れることも可能となります。

個人輸入をするメリットとしては医療機関に行く必要がないことに加えて、診察料などの費用がかからないのでリーズナブルな金額で薬を手に入れることが出来るという点にあるのですが、問題としては個人輸入自体が普通の人にとってはハードルが高いというものがあります。

言葉が違うだけでも大変ですしそこに通貨の違いや決済の違い、配送方法の違いなどがあるとどのようにして手続きをすればいいのか全くわからないということも多いものです。調べればいくらでも方法が見つかると言っても、実際に個人輸入をしてみるというのはハードルが高いものです。

代行サイトで安心購入

個人が一から輸入の手続きをするのは容易なものではありませんが、そのような時に便利な存在が代行サイトとなります。

代行サイトは個人輸入に関する手続きを文字通り代行してくれるので、注文から決済、商品の手配までを代行サイトが全て取り次いでくれます。利用者はサイトに代金プラス手数料を支払うことによって、代行サイトが全て手続きを行ってくれるのであとは商品が届くのをただ待つだけで済みます。

利用をする側からすれば一般的な通販サイトと見かけ上は全く変わることがないので、何1つ難しいことはなく低用量ピルのトリキュラーを購入することが出来るのです。代行サイトを利用すれば時間の節約にもなり、更にリーズナブルな価格でトリキュラーを手に入れることも出来るのでお金の節約にもなるため、上手に利用をすることが出来れば非常に頼りになる存在となってくれます。

だた代行サイトが全て安心な業者とは限りません。サイト内をしっかりと閲覧し、表記などにおかしな表現がないか、安いとはいえ激安となっていないか、業者の所在の表記はきちんとされているかなど確認をして選びましょう。